Ubuntu 16.04でサウンド出力をモノラルにする

PulseAudioの仮想シンクを作成してモノラル出力する方法です。

環境

  • OS : Ubuntu 16.04

前準備

普通に音楽などを再生してシステムの音量(プレーヤーの音量ではない)を聞くことのできる限界まで上げてください。

PulseAudioの設定

    以下のコマンドを実行して、デフォルトシンク名(出力先)をコピーしておきます。

    $ pacmd stat | grep "Default sink name:"
    Default sink name: alsa_output.pci-0000_00_1f.3.analog-stereo
    


    以下のコマンドで仮想シンクを作成します。<デフォルトシンク名>を前のコマンドで取得したもので置き換えてください。

    $ pacmd load-module module-remap-sink master=<デフォルトシンク名> sink_name=mono channels=2 channel_map=mono,mono

    確認

    • [システム設定]→[サウンド]でサウンドの出力先を仮想シンク(多分、「Remapped 内部オーディオ アナログステレオ」)に設定します。
    • こういう動画とかを再生して、モノラルになっているか確認します。

    設定の永続化

    作成した仮想シンクは再起動すると消えてしまうので、設定ファイルに書き込みます。
    /etc/pulse/default.paに以下の設定を書き込みます。

    load-module module-remap-sink master=<デフォルトシンク名> sink_name=mono channels=2 channel_map=mono,mono
    set-default-sink mono

    参考

Intel Atom端末で起動できるFedora 26 Live USBを簡単に作る

Intel Atom(Bay Trail、Cherry Trail)搭載のWindowsタブレットなどでLinuxを起動しようと思っても、UEFIが32bitのため、普通にLive USBを作っただけでは起動できません。
また、Kernel 4.10以下ではC-Stateに起因するバグによりランダムにフリーズします。

本当はUbuntuのLive USBを作りたかったのですが最新のUbuntu 17.04でもKernel 4.10なため、Kernel 4.12なFedora 26のLive USBを作ってみようと思います。
※Fedora 27では32bit UEFIに標準で対応するようです。

作り方

  1. 公式のFedora 26 Workstation 64bit 1.5GB(Fedora-Workstation-Live-x86_64-26-1.5.iso)のISOイメージをダウンロードします。
  2. ddコマンドなどでISOファイルをそのままUSBメモリーに書き込みます。
  3. USBメモリーに書き込み終わったら、2番目のパーティションをマウントします。
  4. ここなどからi686用のgrub2-efiのRPMパッケージをダウンロードします。
  5. RPMパッケージを解凍してboot/efi/EFI/fedora/grubia32.efiをマウントしたパーティションに EFI/BOOT/bootia32.efiとしてコピーします。
  6. ※空き容量が足りないのでMokManager.efiとかを削除します。
    ※ファイル名がgrubia32.efiのままだと多分、殆どの端末で起動しません。

以上で出来上がりです。

Ubuntu 16.04の「ファイル」でSMBv2以上のサーバーをマウントする

Ubuntuで「ファイル(Nautilus)」の「サーバーへ接続」からマウントするとき、サーバー側でSMBv1を無効にしているとエラーが出て接続できません。

Oops! Something went wrong.
Unhandled error message: Failed to mount Windows share: Connection timed out
うわっ! 何か問題が発生しました。
扱えないエラーメッセージ: Windows 共有をマウントできませんでした: 接続がタイムアウトしました

デフォルトではSMBv1より新しいバージョンでは接続できないので設定ファイルを作成します。
以下の内容を/etc/samba/smb.confに作成します。

[global]
client max protocol = SMB2

ただ、この設定をするとネットワーク上のサーバーをスキャンできなくなるみたいです。

参考