Ubuntu 16.04でサウンド出力をモノラルにする

PulseAudioの仮想シンクを作成してモノラル出力する方法です。

環境

  • OS : Ubuntu 16.04

前準備

普通に音楽などを再生してシステムの音量(プレーヤーの音量ではない)を聞くことのできる限界まで上げてください。

PulseAudioの設定

    以下のコマンドを実行して、デフォルトシンク名(出力先)をコピーしておきます。

    $ pacmd stat | grep "Default sink name:"
    Default sink name: alsa_output.pci-0000_00_1f.3.analog-stereo
    


    以下のコマンドで仮想シンクを作成します。<デフォルトシンク名>を前のコマンドで取得したもので置き換えてください。

    $ pacmd load-module module-remap-sink master=<デフォルトシンク名> sink_name=mono channels=2 channel_map=mono,mono

    確認

    • [システム設定]→[サウンド]でサウンドの出力先を仮想シンク(多分、「Remapped 内部オーディオ アナログステレオ」)に設定します。
    • こういう動画とかを再生して、モノラルになっているか確認します。

    設定の永続化

    作成した仮想シンクは再起動すると消えてしまうので、設定ファイルに書き込みます。
    /etc/pulse/default.paに以下の設定を書き込みます。

    load-module module-remap-sink master=<デフォルトシンク名> sink_name=mono channels=2 channel_map=mono,mono
    set-default-sink mono

    参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA